Simple Life

FASHION + LIFESTYLE

JOURNAL

RECENT POSTS 2016. 11.29

USA SNAP vol.03 USA SNAP vol.03

JOURNALSNAP PHOTO & TEXT:Rie Yokoyama VOL 03 HOLIDAY SHOPPING ホリデーシーズンのデパートは大混雑!

アメリカ人にとって、クリスマスと同じくらい1年で大きな祝日を意味するサンクスギビングデー。この時期は、ターキーを食べたり、ショッピングに行ったり、クリスマス仕様のショーウィンドウを眺めたり……家族や友人、大切な人と過ごすことが大事。多くの人で賑わうデパート前で、スナップしてみると……!?

No.01 Edward Furi

5番街にある老舗高級デパート、バーグドルフグッドマン前で見つけたEdward。撮影にもインタビューにも、快く応じてくれたナイスガイ! 職業は、パイロット。「最近のニューヨークはとても寒いから、とにかく"Stay warm"を心がけてる」。シンプルなコートにマフラーをラフに巻いたり、白スニーカーでくずしを入れたのがお手本になる。

No.02 Llewyn St John

大学院で、メカニカルエンジニアリングの研究をしているLlewyn。「ファッションは、ミニマム&スポーティが最近の気分。色も柄も、極力シンプルでいたいんだ。本当は、ブルックリンのこじんまりしたショップをぶらぶら回る方が好きなんだけど、今日はこれからセントラルパークを散歩して、メイシーズにスノーブーツを探しに行く予定なんだ」。

No.03 Olivier Bouzo

スイスの銀行で忙しく働くOlivier。休暇を利用して、ニューヨークに家族旅行中。「実は、ショッピングにほとんど行かないんだ。年に1.2回くらいかな。ニューヨークのデパートは、どこもデコレーションが凝っていて、見てるだけでワクワクするね」。ダークカラーのコートを爽やかな印象にする、淡いカーキのパンツが素敵!

No.04 George Fields

マンハッタンの弁護士事務所で働くGeorge。チャコールグレーのコートに黒のスラックス……渋めの色使いが格好いい! 「ファッションは、基本ダークカラーで統一するのが僕のポリシーなんだ」。ちなみに、この日は、彼女とお買い物中。クリスマスのイルミネーションで飾られたニューヨークの街やデパートのショーウィンドウをのんびり歩きながら見るのだとか。

No.05 James Hart

全米イチの広さを誇るデパート、メイシーズ前で、抱えきれないほどのショッピングバッグを持っていたJames。今日は、家族で、クリスマスのデコレーショングッズを買いに来たのだそう。ショッピングが大好きで、メイシーズの他に、ハロッズやブルーミングデールにもよく行くけど「屋根職人という職業柄、あたたかくて、動きやすい格好が理想かな」。

PROFILE

横山理恵 
Rie Yokoyama | 
ファッションエディター

大学卒業後、アパレル会社に就職。その後、ファッションの魅力をより多くの人に伝えるべく、雑誌編集者を志す。NIKITA編集部勤務後、フリーランスエディターに。雑誌Domani、VERY、LEONの他、ファッションカタログに携わり、昨年より、ニューヨークに留学中。FIT(NY州立ファッション工科大学)にて、ファッションビジネス、ハットデザインを学ぶ。現在、女性誌Domani(小学館)にて『meは何しにN.Y.へ?』連載中。

 
SNAP
ARCHIVES
SHARE