Simple Life

FASHION + LIFESTYLE

JOURNAL

RECENT POSTS 2017. 01.19

オトコの創作ごはん vol.03 オトコの創作ごはん vol.03

JOURNALFOOD PHOTO:Naoaki Watanabe(depo) / TEXT:Aori Ota(pu'u) VOL 03 野菜をふんだんに使ったお手軽料理 野菜と湯葉の土佐酢ジュレ

今回は、さっぱりとした味わいと湯葉のコクが魅力の「野菜と湯葉の土佐酢ジュレ」。一見難しそうなレシピですが、実は湯葉も土佐酢ジュレもお家で簡単に作れます! とりわけ普段あまり野菜を食べないという方におすすめで、女性にも喜ばれること間違いなしの一皿です。ぜひ奥さんや子供たちに作ってあげてください。

RECIPE

INGREDIENTS 材料
◆ 材料(4人分)
  • 湯葉
  • 無調整豆乳500cc
  • 土佐酢ジュレ
  • 出汁250cc
  • 料理酒50cc
  • 上白糖15g
  • みりん30cc
  • 薄口醤油30cc
  • ★下記は別に計っておく
  • お酢(米酢)40cc
  • ゼラチン10g
  • 季節の野菜お好みで好きな量を
HOW TO COOK 作り方
  1. 湯葉
    01 口の大きなフライパンに豆乳を入れ、中火でフライパンの底を焦げ付かないようにゴムベラでこすりながら煮詰めていく
  2. 02 半分くらいに煮詰めて、少しドロッとしてきたらタッパーに移し、落としラップをする
  3. 03 あら熱をとったら冷蔵庫へ入れる。冷蔵庫で冷やすと固さのある汲み上げ湯葉になる。
  4. 土佐酢ジュレ
    01 お酢とゼラチン以外をすべて入れて煮立たせる。
  5. 02 ゼラチンとお酢を入れ、もう一度煮立たせる。
  6. 03 一煮立ちしたら火からおろし、しっかりと混ぜてゼラチンを溶かす。
  7. 04 あら熱をとり、冷蔵庫で冷ますとゼラチンが固まる。
  8. 05 季節の野菜を茹でる(素揚げでも美味しいです!)。
  9. 06 野菜と湯葉を皿に盛り付け、固まった土佐酢ジュレを細かく砕くように混ぜて上からかけたら完成!
DECO'S Check Point!
料理人DECOさんのココがポイント! 湯葉を濃くしたい場合は、より長く煮詰めてください。冷ますときは、空気に触れると固くなってしまうので、必ず落としラップをして空気に触れないように。土佐酢ジュレはお刺身にかけてカルパッチョにしたり、サラダにかけても美味しいですよ!

PROFILE

DECO 
 | 
出張料理人

中目黒の蕎麦屋『土山人』で料理長を務めた後に独立。現在は出張料理人として活動する傍ら、雑誌やテレビといったメディアでも活躍中。毎日違う場所で、違う人たちのなかで、その瞬間の「おいしい」を大事にしながら活動している。
http://r.goope.jp/decosoba

 
FOOD
ARCHIVES
SHARE