Simple Life

FASHION + LIFESTYLE

JOURNAL

RECENT POSTS 2017. 07.13

オトコの創作ごはん vol.07 オトコの創作ごはん vol.07

JOURNALFOOD PHOTO:Naoaki Watanabe(depo) / TEXT:Aori Ota(pu'u) VOL 07 夏に最適なピリ辛レシピ よだれ鶏

今回ご紹介するのは、四川省でよく食べられている中華料理「よだれ鶏」。茹でた鶏肉をスライスしたものに風味豊かな辛いタレをかけた、その名の通り"よだれが出る"ほど美味しいという意味の一品。辛さが食欲を刺激するので暑い夏にもぴったり! ビールとの相性も抜群なので晩酌のお供にもおすすめです

RECIPE

INGREDIENTS 材料
レシピ/材料(4人分)
  • 鳥モモ1枚
  • (タレ)
  • ゴマ30g
  • 豆板醤10g
  • 醤油20g
  • 砂糖10g
  • 玉ねぎ1/2個
HOW TO COOK 作り方
  1. 蒸し鶏
    01 鶏肉と酒・醤油・塩(適宜)をビニール袋に入れ、70度のお湯で20分茹でる。袋は空気を抜いて密閉させるように。
  2. タレ
    ※鶏モモを茹でている間に作る 01 ゴマをミキサーでペーストにする(少し高級なゴマの方が風味が良いです!)。
  3. 02 ボウルで玉ねぎ以外を混ぜる。砂糖、濃縮めんつゆで味を整える。
  4. 03 玉ねぎは粗みじん切りにする。
  5. 04 鶏モモを一口大にカットして、タレに和える。
  6. 05 上から玉ねぎをかける。
  7. 06 器に盛りつけたら完成(パセリやセロリ、パクチーなどと一緒に盛り付けると尚良し!)。
DECO'S Check Point!
料理人DECOさんのココがポイント! 辛いものが苦手な方は、タレにお酢や卵(黄身)を入れるとマイルドになります。鳥の茹で汁を入れると一層コクが出ますよ。玉ねぎは、食感が残るぐらい大きめにカットしてください。食感を楽しめますし、玉ねぎの辛味が豆板醤とマッチして良い感じになりますよ!

PROFILE

DECO 
 | 
出張料理人

中目黒の蕎麦屋『土山人』で料理長を務めた後に独立。現在は出張料理人として活動する傍ら、雑誌やテレビといったメディアでも活躍中。毎日違う場所で、違う人たちのなかで、その瞬間の「おいしい」を大事にしながら活動している。
http://r.goope.jp/decosoba

 
FOOD
ARCHIVES
SHARE