Simple Life

FASHION + LIFESTYLE

JOURNAL

RECENT POSTS 2017. 11.09

USA SNAP vol.06 USA SNAP vol.06

JOURNALSNAP PHOTO & TEXT:Rie Yokoyama VOL 06 BEST SEASON FOR ENTERTAINMENT 音楽にバレエにオペラ! 芸術の秋を堪能

オペラにバレエにクラッシック……あらゆる公演が楽しめるニューヨークの秋。初日のガラ公演は、正装した人々で溢れかえるけど、やっぱりここはアメリカ! 平日は、仕事帰りのラフな服の人が多いんです。リンカーンセンター&カーネギーホールで取材をした結果、着心地がよく、かつ、色はシックに決めるのがニューヨーカーの常識なのかも!?

No.01 Leo Anderson

「仕事帰りにピアノリサイタルに訪れたから、今日はビジネスカジュアルのまま。会場の温度に合わせて調整しやすいようにベストを選んだよ。あとは、どんなにカジュアルな装いのときでも、靴は基本ドレスシューズを履くのが好きなんだ」証券会社で忙しく働くLEOは、ピアノやバイオリンの演奏を聴いてる時が、癒しの時間なのだとか。

No.02 David Wils

友人が演奏する舞台を観に、リンカーンセンターに来たというDavid。「ずっと楽しみにしていたのに、朝から雨がざあざあ降ってるんだ。寒いし、濡れるし、こんな日は"防寒&カジュアル"が大事だよね! ポイントはボーダーのマフラー。これがあるとないだと大違い。印象を引き締めてくれるし、不思議とバランスもよく見えるんだよ」

No.03 Stephen Schott

クラシック公演のチケットをチェックしに来たというStephen。「休日の公演には、スーツを着たりもするけど、平日だと今日みたいな感じかな。グラフィックデザイナーという職業柄か、ファッションは色のミックスを大事にする主義。ネイビー、グレー、ブラウンのシックカラーは、冬のニューヨークの街に似合う気がするんだ」

No.04 Tyler Crawford

ロースクールの学生だというTyler。Allブラックのクールな装いながら、醸し出す雰囲気は爽やか! 「基本いつも黒ばかり着ちゃう。だって、汚れが目立たないし(笑)。ジャズが好きだから、リンカーンセンターにも来るし、あとはウェストヴィレッジに出没してる。学校帰りの日はカジュアルだけど、たまに黒ジャケットを着たりもするよ」

No.05 Tom Parratt

バレエとオペラが大好きで、月2回ペースで公演に訪れるというTom。「今日はデートで来たんだけど、彼女は今日の僕の服装を"すごくブルックリンっぽい"っていうんだ。全体的にカジュアルだけど、配色でキレイめに見えるようにしてる。ポイントは、秋らしいベージュのマフラー。ふわっと優しげな印象になるように巻くのがコツ!」

PROFILE

横山理恵 
Rie Yokoyama | 
ファッションエディター

大学卒業後、アパレル会社に就職。その後、ファッションの魅力をより多くの人に伝えるべく、雑誌編集者を志す。NIKITA編集部勤務後、フリーランスエディターに。雑誌Domani、VERY、LEONの他、ファッションカタログに携わり、昨年より、ニューヨークに留学中。FIT(NY州立ファッション工科大学)にて、ファッションビジネス、ハットデザインを学ぶ。現在、女性誌Domani(小学館)にて『meは何しにN.Y.へ?』連載中。

 
SNAP
ARCHIVES
SHARE