Simple Life

FASHION + LIFESTYLE

JOURNAL

RECENT POSTS 2019. 12.19

オトコの創作ごはん vol.19 オトコの創作ごはん vol.19

JOURNALFOOD PHOTO:Naoaki Watanabe(depo) / TEXT:Satoshi Yamamoto VOL 19 旬のブリを簡単手早くササッと早炊き ブリのあら炊き

12月も後半に入り、いち段と寒さも厳しくなった今こそ、旬な食材のハイシーズン。中でもやっぱりこの時期必ず食べたいのが、脂がたっぷりのった冬の白身魚の王様、寒ブリ。そのほっぺも落ちる美味しさを、手間ひまかけずにサッと味わう本日のひと品。今年1年をブリ返り、じゃなくて振り返りながら、旬の旨みをお手軽にお楽しみください。

RECIPE

INGREDIENTS 材料
レシピ/材料
  • ブリ250g
  • レンコンひとふし
  • 150g
  • 濃口醤油40g
  • 砂糖32g
  • みりん10g
HOW TO COOK 作り方
  1. 01まずはブリをカット。男料理らしくザクッと大きめに切るのがオススメ。さらに70度くらいのお湯にサッと通し、臭みの原因になる表面の酸化した脂を落とす。レンコンは輪切りの半分くらいで。
  2. 02火の入りにくいレンコンを下にしてから、その上にブリを投入。続いて酒を注いで強火にかける。アクが出てくるので丁寧に取り除くこと。さらに砂糖を入れてアルミホイルで落し蓋。
  3. 03そのまま3分ほど強火で煮てから、濃口醤油を2回に分けて投入。2回に分けて入れることで、より奥まで味が浸透する。そして再び落し蓋。
  4. 04煮汁の状態をチェックしながら、残り僅かになってきたらみりんの出番。初めに入れると身が固くなってしまうので要注意。煮汁にトロみが出てきたら完成。
DECO'S Check Point!
料理人DECOさんのココがポイント! 今回はレンコンでしたが、根菜であれば大体美味しく仕上がります。またカブなどの柔らかい食材を合わせる際には、鍋に入れるタイミングを調整すればOK。強火で炊くとどうしても鍋肌に焦げが出てしまうので、こまめに拭いながら、焦げの匂いが入らないように注意しましょう。

PROFILE

DECO 
 | 
出張料理人

中目黒の蕎麦屋『土山人』で料理長を務めた後に独立。現在は出張料理人として活動する傍ら、雑誌やテレビといったメディアでも活躍中。毎日違う場所で、違う人たちのなかで、その瞬間の「おいしい」を大事にしながら活動している。
http://r.goope.jp/decosoba

 
FOOD
ARCHIVES
SHARE